一人暮らしを始める前に考えないといけない必要な準備(継続費用)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20160510_01

初めての一人暮らしを始める前に必要なこと(初期費用)」では

「初期費用(引っ越し、家具等)」を考えてみました。

今回は「ひと月あたりにかかる費用」について考えてみましょう。

スポンサードリンク

一人暮らしをするのにひと月あたりにかかる費用

人がたくさん住む家

自分が一人暮らしをしたときに、ひと月に使えるお金がいくらなのかを確認し、
いくらまでお金がかかっても大丈夫なのかを考えてみましょう。

一人暮らしをする場合に毎月かかる費用としては具体的に最低限以下があります。

  • 家賃(駐車場代含む)
  • 光熱費(ガス・水道・電気)
  • 食費

さっそく一つずつ考えてみましょう!

一人暮らしなら賃貸で家賃がかかる。(駐車場代含)

一人暮らしで借りる賃貸に対し、家賃に充てるお金がどのくらいなら大丈夫かを
考えてみましょう。

一般的には家賃は収入の3分の1以下にするべきといわれています。
家賃は初期費用でもかかりますが、継続的に毎月かかります。

大抵の場合、一人暮らしでかかるお金で一番大きい支出になるでしょう。

地域によって家賃の相場がかなり異なりますが、安いものではありません。

家賃以外にも車を持っていれば当然駐車場も借りる必要があるので

そこも忘れずにいくらまで許容するかを考えてみましょう。

チェックポイント!
・自分は家賃にいくらまで払えるか考える。手取り収入の3分の1が目安。
・車がある場合は駐車場代がかかることを忘れないでおきましょう。

一人暮らしを始める前に光熱費(ガス・水道・電気)を考える。

20160510_04

テレビや冷蔵庫などの家電を利用することで電気代、

コンロでの調理やお風呂のボイラーを利用するとガス代、

そしてお風呂、トイレ等で発生する水道代。

地域の差や、利用方法、時期によって大きく変わりますが、

一般的に一人暮らしにかかる光熱費は1万円程度となっています。

特にガスは「プロパン」か「都市ガス」かで大きく値段が変わるので覚えておきましょう。

家を探す際には一つの判断材料にしてもいいかもしれません。

チェックポイント!
・光熱費は月に1万円程度はかかると覚悟しておこう。
・プロパンガスより、都市ガスだと安く済ませられる。
・冬や夏はは暖房費で光熱費が大きくなってしまいがち。

光熱費を節約する方法については

「一人暮らしの簡単光熱費節約術。お金を節約して貯金しよう。」

チェックしておきましょう。

一人暮らしにかかる1月あたりの食費とは

質素な食事の図

外食するにしても自炊するにしてもお金がかかります。

3食計算で1日あたりどのくらいのお金を割けるか考えましょう。

3食にかかる食費だけでなく家で飲み物や、お菓子なんかも買う人はそこも考えてみましょう。

一般的には1~3万円程度です。

節約するには自炊が基本です。

家の近くに安めのスーパーがあるか、これも家を探す際の材料にしてみましょう。

チェックポイント!
・一人暮らしの1月の食費相場は1~3万円。
・家の周りがコンビニしかないと食費は高くなってしまう。

次は「初めての一人暮らし。家の選び方」を見てみましょう!

初めての一人暮らしで気を付ける物件の選び方、探し方。
初めての一人暮らしで考えなければいけない賃貸住宅の考え方。建物そのもの以外の条件についても考える。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする