キーボードで机が狭いときはキーボード収納で作業効率化。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンで調べながら勉強、レポート作成、ノートに記録等しようとしたときに
机が狭く邪魔なディスプレイやキーボードが収納できたらいいなと感じませんか。

幅のない机を利用している方のために机を広くする方法があります。

20160226_04

photo credit: workspace via photopin (license)

スポンサードリンク

キーボードを収納して作業スペースを広げる

私からの解決策は

「ディスプレイの下に空間を作る」ということです。

本来ディスプレイとキーボードの重なる部分をスペースとして稼げるわけです。

イメージはこんな感じ。(汚くてスミマセン。)

キーボードの下に空間を確保。

キーボード収納し空間を確保。

本来なかった空間が発生するため、ディスプレイ台に筆記用具や付箋、時計などの小物をついでに乗っけてしまうことも可能です。

些細なことと思われるかもわかりませんが、

長い目で見て大きい効率化と考えてます!

上の画像では金属製のものを利用していますが、何でもいいです。

支えになるもの+ディスプレイを乗せる天板さえあればいいのです。

見た目さえ気にならないなら

ボックスティッシュを両端において

その上に厚めの段ボールでも乗せちゃってもいいでしょう。

※安定するものを使いましょう。

100円ショップで材料を集めて作っちゃうのも面白いと思います。

私が愛用しているのはこちら。

あなたへのおすすめ記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする