時代遅れの転勤は拒否していい。断るための振る舞いと上手な断り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤して広い部屋で憂鬱な図

サラリーマンにとって、転勤や長期出張はつきものです。
転勤を楽しめる人もいれば、家族や友人と離れることや環境の変化に嫌気が差すため
転勤したくないと考えている人も多いです。

ここでは、転勤のターゲットになりやすい人を知り、
転勤することができない納得してもらえる拒否理由を説明できるようにして
いざというときの転勤命令に備えましょう!

スポンサードリンク

会社で転勤させられるターゲット、狙われやすい人とは

強制的な転勤さみしい単身赴任

独身者は転勤のターゲットになりやすい

まともな会社なら新婚や子供が生まれたばかりで小さい場合には
転勤の命令が出ることは多くありません。

家族全体の問題になるし、子供は学校なども変わると大変だからです。

逆に、独身者は転勤の対象に上がりやすいです。
家族を気にすることも無く身軽だと扱われるためです。

転勤を回避するためのアドバイス
独身で恋人がいなくても、恋人がいるように振る舞っておきましょう。
いざという時には拒否する理由を作ることができます。

子供が大きい、独り立ちしていると転勤対象になりがち

子供がいても面倒を見る必要がないくらいの年齢の場合には
転勤の対象になりやすいでしょう。

転勤を回避するためのアドバイス
「子供が反抗期で妻を一人にすることはできない」と言えばなんとかなります。

上司に嫌われていると嫌がらせで転勤対象に

転勤の命令を出す権力のある人間に睨まれると嫌がらせで転勤させられる可能性があります。
理不尽極まりないですが、これがサラリーマンの現実です。
自分が転勤のターゲットにならないように、上司にすり寄っておく必要があります。

日本も早くまともになってほしいものですね。
転勤を拒否できないということはあってはならないのではないでしょうか。

転勤を回避するためのアドバイス
嫌がらせで転勤を強制するような会社はまともではありません。
一度転職を考えたほうがいいでしょう。

会社の転勤辞令を拒否する理由、断るための説明と断り方

転勤命令を断固拒否する猫の図

転勤を言われた際にはスムーズにお断りできるように、断るためのイメージを作りましょう。

事前に自分に合った会社からの転勤を受け入れることはできない理由、
転勤を拒否する理由を考えておきましょう。

転勤を拒否する理由「家庭の事情」

・親が高齢で介護や持病があるため病院への送迎が必要なため

・子供が小さく、○歳までは育児をするためそばにいてあげたいため

・子供が学校でいじめにあっている、不登校であるため

・妻が精神的に不安定のため、転勤することができない

転勤を拒否する理由「自分の都合」

・実が持病があり、通院しているため、今は転勤することができない

・結婚を真剣に考えている恋人がおり、大切な時期のため

・うつ病であり、転勤することは非常に不安であることを伝える

転勤を上手に断る方法
理由があってできないが、○年後なら喜んでいきます!等、
申し訳なさと、本当は行きたい感を前面に出していきましょう。

会社から転勤を強制されるのは違法ではない

転勤について就業規則や雇用契約書を確認しよう

地域限定採用で雇用されていた場合や、明らかに嫌がらせだった場合には
然るべきところへ相談しましょう。

基本的には残念ながら強制的な転勤は違法には当たりません。

強制的な転勤は時代遅れであることは間違いない

転勤は「仕事だから仕方ない」と考えているのは時代遅れでしょう。

もし拒否したとしても、別の誰かが行くだけです。
決して転勤するのが特定の誰かじゃないといけないということはまずないです。

転勤したい人がいれば優先して出してあげて、
したくない人はしない自由があるべきでしょう。

誰も行く人がいない場合に調整するのはもっと偉い人がする事じゃないでしょうか。

転勤を断る場合に会社での待遇、降格もある

転勤を断った人間としてインプットされ、降格の可能性も

自分が転勤を断ると、当然誰かが代わりに転勤することになるでしょう。

快く受け入れてくればいいものの、そうではない場合には恨まれることもあるでしょう。

転勤を拒否したことを延々と嫌味を言う人や陰口を言う人も当然出てきます。

転勤を断ったため降格や減給、出世から外される

基本的に日本では人事は結局上司にどうすり寄るかです。
出世街道からは外れることになるでしょう。

業務命令を断るのだから、会社からの扱いが悪くなるのは避けられません。

実際、転勤することで他の地域で活動することは大きな勉強になることもあります。
他の支店等でのコネクションの獲得に繋がることもあります。

転勤を受け入れるデメリット・リスクも大きい

転勤を断った後の礼遇を恐れ転勤を受け入れてしまって、
仕事のために、大切なものを失わないようにしましょう。

転勤で家族が離れ離れになり家族崩壊のリスクは高まる

転勤で単身赴任になったら、小さい子供には大きい影響を与えます。
子供の行事やイベントには参加できませんし、
奥さんの負担も大きくなるでしょう。

勇気をもって転勤命令を拒否、断ることで家族を守ることは必要です。

家族が崩壊しても、当然会社は責任を取ることはありません。

単身赴任による家族別居で家庭内経済の悪化のリスク

家族が解れた場合には、当然食費から光熱費まで増えます。
転勤による出張手当は出る可能性はありますが、うまくやりくりしない限り
トータルのコストはかかります。

転勤して辛い思いをして、お金も減ってしまう。いいことはありません。

恋人や友人との疎遠による婚期喪失のリスク

恋人がいた場合にも転勤は大きな影響を与えます。
友人とも当然疎遠になりますし、友人とのイベント毎も参加は難しくなります。

職場の命令による転勤が時代遅れで個人の事を考えていないかが、浮き彫りになりますね。

慣れない土地で心身への悪影響

知らない土地や、知らない人との交流に楽しさを覚える人もいれば
精神的な負担に感じる人は少なくありません。

家族を置いてきた場合には、ストレスや心配事も増えるでしょう。
それは転勤した本人だけではなく、置いて行かれた家族も同様に増えるのです。

時代遅れの転勤命令を上手に断る方法まとめ

受け入れたくない転勤異動命令は、事前の準備で避けれる確率は上がります。
自分は関係ないと思っていないで、いざ転勤の異動命令を受けたときにどうすべきか
しっかり事前に考えておくことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする