一人暮らしの簡単光熱費節約術。お金を節約して貯金しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしの光熱費、少しでも節約できれば
1月当たりの額は少なくても年間だと大きな節約になります。

簡単にできる一人暮らしの光熱費の節約方法をお伝えします。

スポンサードリンク

一人暮らしの光熱費を節約する方法

電気代を節約!アンペア数を少なめに変更して節約!

家のブレーカー毎にアンペア数が決められており、
アンペア数によって値段と一度に利用できる電力量が決まります。

高いアンペア数で契約していても、電気機器を限られた量しか利用しないなら
アンペア数を下げて値段を下げることが可能です。

こちらは北海道電力のイメージです。

あなたの契約している電力会社のホームページで「アンペア数 変更」で
検索してみてください。

契約アンペア数が変わるだけで基本料金がかなり変わることが上の図で解るでしょう。

大抵は相談窓口があるのでそこに変更方法を聞いてみるのがいいです。

契約しているアンペア数を下げるだけで電気代がかなり節約できます。

一人暮らしなら電気代はそこまでかかりません。
一人暮らしで光熱費は節約しましょう。

面倒だと思っても、アンペア数を必要な設定に変更して
毎月の光熱費、電気代をしっかり節約しましょう。

一人暮らしのガス代、水道代を節約!シャワーヘッドを変更!

節約ポイント!
・水の広がり方が変わるため、節水可能。
・ワンタッチオン/オフ切り替えボタンで蛇口をひねらず節水。
・誰でも簡単に取り付け可能。

■そのまま取り付け可能

タカギ・KAKUDAI・TOTO・LIXIL(INAX)※一部商品

■付属品で取り付け可能 KVK・MYM

一人暮らしの暖房・エアコン代を節約。スキマを塞いで節約

暖房冷房の空気はスキマから外に漏れ出ていきます。

ドアを閉めるだけでは不十分です。

ドア下の隙間を塞ぐだけで部屋の温度を保ち、光熱費が節約できます。

100円ショップでも似た商品が売っているのでそちらもぜひ。

節約ポイント!
・ドア下から部屋の温度がもれなくなって光熱費を節約効果!
・ドア下に張るだけで簡単に節約。

一人暮らしの暖房費を節約!カーペットを敷いて光熱費節約

一人暮らしならカーペットを敷く範囲が狭くても
体感温度が大きく変わり、暖房費を節約できるでしょう。

設定温度を1度でも変えることができれば、光熱費は節約されます。

さらにおすすめしたいのが、カーペットの下に段ボールを敷くことです。

これだけでも暖かさがかなり変わるため、光熱費が節約できます。

節約ポイント!
・薄めのものでも温かくなって暖房費節約。
・敷きっぱなしにするなら夏が暑くなってしまうので薄めのものがおすすめ。
・下の階への音を減らしたり、床にモノを落とした時にリスクも減らせる。

一人暮らしの暖房費を節約!スリッパを敷いて光熱費節約

節約ポイント!
・冷え性の方に特におすすめの暖かい足の冷えないスリッパ。
・冬に履くだけで体感温度はかなり違います。ストーブの温度を再設定。
・足音も静かになるので、一人暮らしにオススメ。

一人暮らしの光熱費節約術のまとめ

一人暮らしの光熱費の節約方法についていかがだったでしょうか。
一人暮らしの光熱費の節約は簡単に始められることばかりです。

早ければ早いほど節約の効果は大きいので、始めれる節約は今すぐ始めましょう。

一人暮らしをしている中で、新たな節約方法を見つけた場合には追記していきます。

あなたへのおすすめ記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする