地下鉄、電車、バスで座る方法。通勤をストレスなく効率的に過ごそう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

満員電車で座りたいけど座れない座る方法を考える通勤中のサラリーマン

通勤や通学で利用する電車やバスは座ることができるだけで
ストレスは大きく変わります。

満員電車で座るコツを知っておくだけで座ることのできる確率が上がります!

座りたいなら座る方法を知っておきましょう。

スポンサードリンク

混雑した満員電車で高確率で通勤時に座る方法

電車やバスで座るためにコツをおさえて座る確率を高めよう。

座る方法:降りそうな人に狙いを定めて近くに待機して座る

例えば大学、高校、専門学校がある駅では多くの学生が降りることは間違いない。

学生の近くに立ち、学生が立ち上がるのを見計らって座るモーションを出しておけば満員電車でも座ることができるでしょう。

複数名の学生が並んで座っている場合には、座る確率が上がるので狙い目です。

多くの学生が降りる駅を知っておくことも電車やバスで座る確率を高めてくれます。

降りそうにない人の付近にはいても座れる確率は低い

逆に降りそうにない人の近くにいても意味はありません。

具体的には読書をしている人、眠りに入っている人です。

彼らは長い範囲を移動し、下手すると終点まで乗るでしょう。

降りる人、降りない人の見分けがついてくると上級者です。
毎日決まった時間の決まった車両に乗るなら、同じ人が同じ駅で降りることも抑えられます。

駅で降りる人を数人押さえておけば、もう座れるのは間違いありません。

座る方法:空いている車両を抑えて満員電車でも座ろう

多くの人が降りる駅では、乗換えの都合で特定の車両に人が偏ることがあります。

この場合は、混む車両を知っておくことで、空く車両に行けば座る確率が上がります。

特定の駅で多くの人が降りる車両や、
空いている車両を抑えて乗るだけで、座る確率は上がります。

満員電車に朝から座ってストレスなく過ごす

混雑した電車に途中から座ることを諦めて、最初から座れる状況を作るのも手です。

路線の端の駅から乗るようにする

路線の端の駅から乗るようにすれば、座ることはたやすいです。

通勤や通学にかかる時間は増えてしまうかもしれませんが、
満員電車に座れないストレスからは解放されます。

人の少ない時間に乗ることで座る確率アップ

朝早い時間や、遅い時間に乗ることで座る確率は格段に上がります。

思い切っていつもより早く家を出るのもいいでしょう。

高確率で満員電車で座る方法まとめ

座ることができるだけでストレスは減るし、
スマホをいじったり本を読んだり、居眠りしたりと効率的に時間を使えます。

満員電車で必死に立っているだけの時間は、本当にもったいないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする