車検が高い!車検を安く済ませる方法、少しでも安くする方法教えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車

車があるとやらないといけない「車検」。

少しでも安くする方法をお伝えします!

車検を安く済ませたいあなたは必ずチェック!

車検を安くするには、安く抑えるにはどうすればよいか?

安く済ませるためのテクニック、コツをまとめました!

スポンサードリンク

車検を安くするためには複数の店で見積もりを取ろう!

見積もりをする女性

車検時にディーラーのいいなりになると車検代は高くなる

なんとなく安心感のあるディーラー車検。

では、ディーラー以外のお店が適当な仕事をしているでしょうか?

他の店はディーラーから車検を勝ち取るため努力をしています。

車検ができるのはディーラーだけではありません。

車検を安く済ませるなら、

必ずディーラーだけではなく、ほかの業者からも見積もりをしてもらいましょう。

1店舗だけの見積もりだと車検料金が安いのか高いのか解らない。

車検は実際に車検をする前に、見積もりをするのが普通です。

1店舗だけの見積書だと、安いのか高いのかわかりません。

そのため、複数のお店で見積もりをしてもらいましょう。

最低限2店舗で見積もりを実施したいですね。

車検見積もりを比較して安くしてくれた方で車検を実施する。

当然、複数の中から値段の安い方、印象のよかった方で実施しましょう。

既に見積もりをもらっている2店舗目以降なら、

1店舗目の見積書をベースに値段交渉をするのも非常に有効です。

そのため、見積もりは2店舗以上で行いたいですね。

見積もりを行うのにも手間がかかるので、店としても

見積もりを行った以上は、車検を行いたいのです。

お店で車検をする前に確認しておきたいこと

車検の実施可能な時期、車検にかかる時間、

代車の有無は必ず確認しておきましょう。

代車に関してはお金がかかるかどうかも確認が必要です。

まとめて車検の見積もり依頼をするなら楽天車検でやると楽。

楽天車検」ならまとめて依頼をかけることができるので、オススメです。

車検見積書の中で安く済ませるための項目を探そう!

見積書を確認

車検の見積もり書で不要な内容、項目を外して安くしよう。

見積もりが終わった後には見積書をもらいます。

トータルの合計金額が大切ではあるものの、その内訳、内容を確認しましょう。

普通は説明してくれますが、説明が無い場合には解らない項目について

なぜ費用がかかるのか、どういった内容なのかを確認してください。

たとえば、

「発炎筒期限切れのため、交換 1080円」とあったとします。

交換に特殊な技術がいるかというと、要りません。

ただ車においておくだけです。

どうでしょうか?発炎筒がいくらくらいか調べてみましょう。

記事を書いている2017年6月19日だと、普通にもっと安く売っています。

安く売っている店で買って自分で交換する方が安く済ませることができます。

できることは自分でやって、車検自体の費用を安くしましょう。

各種割引を駆使して、車検代を少しでも安くする。

車検の早期予約割引をしている店を狙う。

車検はかなり金額が大きいですよね。店としても、当然やりたいです。

たとえば、オートバックスだと3か月前に予約すると

3000円割引をやっているところが多いです。

こういった割引は店舗によって異なるので、まずは自分がどこで受けるか候補を調べて、

店の割引を調査しましょう。

車検実施店舗の検索、見積もり依頼を一括で行うなら楽天車検が便利です。

(最下段にリンク張ってますよ!)

楽天車検を利用して車検を行い、楽天ポイントを稼ぐ。

これが結構バカになりません。

楽天車検から車検見積もりし、

車検を行うと2000~3000ポイントくらいはもらえちゃいます。

なにより、近くで車検をやっている店がまとめて探せることと、

まとめて見積もり依頼の連絡ができるのでめちゃめちゃ楽です。

もらえるもんはもらいましょう!!!!

まとめて見積もり依頼するならこちらからどうぞ~!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする