職場でのお祝いや飲み会は嬉しい?面倒なのに実質強制で続ける理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お祝い事があったときに職場で強制的に集めるお金

会社の同僚に結婚や出産の幸せなイベント事があった時は
お祝いしてあげましょう。

お祝い会や、同僚からお金を集めて祝福プレゼントをすることもあるでしょう。

しかし、お祝いされる側は実際はどう思っているでしょうか?

スポンサードリンク

会社にお祝い会を開催してもらうより帰りたい

会社の同僚たちからお祝いしてもらえることは嬉しいことです。

しかし、本心は子供が生まれたなら早く帰って子供に会いたいし、
新婚でも家に早く帰りたいのが本心でしょう。

お祝いは、誰のためにするか考えよう

お祝い会はせず、商品券等のプレゼントを渡す方が無難です。
祝福の気持ちは会社で伝えることもできますよ。

社内で祝福して、時間の拘束をせず早く家に帰してあげる気遣いは大切です。
お祝いと言って大勢を集めて飲み会をするなら、
飲み会の費用もプレゼントに含んだ方が喜んでもらえます。

祝ってもらえる立場で考えたら、飲み会を開いてもらえるより
飲み会費用分の金券等をもらえる方が嬉しいでしょう。

祝いのお祝い返し、半返しをするのが面倒で仕方ない

お祝いをもらったらお祝い返しをしないといけないのが日本の伝統。
一人一人お祝いを返して回るのはかなりの手間ですし、考えるのも面倒になります。

「お祝い返しをするのが面倒だからお祝いしてくれなくていい」とすら思う人もいます。

お祝いを上げる方が、お返しは要らないと言っても返ってきてしまいます。

祝う方も、祝われる方も、やりたくないのに会社から強制されやっている現実が見えますね。

いつかこの面倒な慣習が無くなることを祈ります。

なぜ会社でやりたくもないお祝い会をやるのか

イベントが慣例化してしまっており、今更引けないパターン

一度前例ができてしまうと、次もやらないといけない空気になります。

『以前やったのに今回やらないわけにはいかない』そういった心理があります。

偉い人が方針を決めないと延々とやり続けることになるでしょう。

会社の福利厚生でお祝い金を出すような仕組みになっているのが理想的ですね。

飲み会でしかコミュニケーションを取れない、単純に飲みたい

お祝いとかどうでもよく、単にお酒が飲みたいという人も多いでしょう。

とにかく理由をつけて飲み会をしたい世代が年配には多く、
一方で若者は理由や目的のない飲み会を嫌う傾向にあります。

会社で立場が強いのは年配者なので、
必然的に望まれないお祝い会が開催されます。

会社の結婚祝いで嫌な思い、辛いと感じる人もいる

なかなか結婚できない人の中には、他者の結婚祝いを素直に喜べない人もいます。

心がせまいと思われるかもしれませんが、結婚できない人は真剣に悩んでいます。

自分より若い人がどんどん結婚していき、自分はお祝いされないのに
他者をお祝いするのは心に傷を負っても仕方ありません。

そういった中で半強制的に職場のお祝いでお金を集めたり、お祝い会をするのは
時代遅れになっていく可能性が高いでしょう。

有志や任意と言っても、会社の中ではなかなか思うことを言えないものです。

あなたが会社の幹事やイベント係を担うことがあれば、
嫌な思いをするような人がいないように気遣いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする