シンガポールで英語できない話せないけど旅行して大丈夫だった!

英語で記載されたシンガポールの路線図

『シンガポールに行きたいけど英語は話せないから心配』
英語ができないけど旅行を楽しめるのか不安になっていないでしょうか。

シンガポールで英語ができなくても旅行してなぜ大丈夫なのかをお伝えします。

シンガポールで英語できないのに旅行しても大丈夫な理由

英語ができないと何が書いてあるか解らないシンガポールの看板

シンガポールの表記は画像のように大抵が英語です。
もしくは中国語やインド語。
英語が話せないとシンガポールに行くのは不安になるでしょう。

筆者は英語はからっきしですが、シンガポール旅行を楽しめています。

理由は2つ『シンガポールは観光大国であること』『スマホがあるから』です。

 

シンガポールは英語が話せなくても観光大国だから大丈夫

シンガポールはホテルの方や、お店の従業員も英語ができない観光客に慣れています。
英語のできない日本人がシンガポールに観光旅行に行くことも多いです。

そのため、シンガポールでは英語が話せない日本人だと伝われば
日本語を単語レベルで話してくれる親切な方が多いです。

 

シンガポールという国は中華系、インド系、アラブ系など様々な人種がいます。
そのため、言語が通用しないことに関して寛容だと言えるかもしれません。

英語ができなくてもスマホがあればシンガポールは大丈夫

英語が話せなくてもGoogle翻訳を入れておけば大丈夫です。
日本にいれば使う機会は無いでしょうが素晴らしく便利です。

不安な方に使い方を説明します。

英語が話せないけどシンガポールに行くなら準備するべき翻訳

英語で書いてあるシンガポールの定番お土産

Google翻訳を準備しておけば伝えたいことをスマホで入力して、
画面を見せるだけでOKです。

Google翻訳のアプリは無料で使えます。

シンガポールで英語ができなくても、スマホで日本語と英語を相互に翻訳できる

英語ができない人にオススメのアプリ

日本語と英語を相互に翻訳することだってできます。
音声入力ができるので、素早く入力することができます。

 

シンガポールでも会話機能を使えば相手の英語も日本語に変換できる

英語が話せないなら日本語で話して翻訳しよう

1つのスマホを使って話せば、すぐ翻訳して表示されるので
簡単に会話をすることができます。

 

書いてあることが解らないけど聞く人もいない場合

英語が読めなくてもカメラ入力で変換できる

看板にや紙に書いてあることが解らない場合、
カメラ入力を使えば解決します。

 

英語が解らなくてもシンガポールの看板をカメラ入力で翻訳してみる

周りに人がいない場合や聞きづらい場合にはカメラ入力を使いましょう。

たとえば上の画像をカメラ入力で写すと下図のようになります。

カメラ入力で英語をなんとなく翻訳

このようにカメラで文字を認識して、辞書で変換してくれます。
翻訳は不自然なところはありますが、なんとなく解れば問題ないでしょう。

コーヒーが3ドルで飲めるということが解ります。

カメラ入力はめちゃめちゃ便利なので必ず使えるようにしておきましょう。

 

シンガポールへ行く前に辞書をダウンロードしておけばオフラインでも利用可能

英語で書いてあるシンガポールの看板

音声入力などの機能はオフラインでは使えませんが、辞書をダウンロードすれば
オフライン環境でも翻訳機能を使うことができます。

シンガポールで英語ができなくて不安な方は、日本でダウンロードしておきましょう。
Google翻訳があれば英語ができなくてもシンガポール旅行は困りません。

シンガポールは英語が話せなくても旅行して大丈夫

英語ができないからシンガポールへ行かないのはもったいないです。
シンガポールの方は観光客の扱いにもなれていますし、親切な方が多いです。

困らないようにGoogle翻訳をすぐ使えるように準備しておきましょう。

シンガポールでのWifiの必要性については
シンガポールのWifi必要性について解説」をチェックしてください。

 

おすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました